Information
貴君は、幻の名車・BASICをご存知だろうか。 かつてマン島TTを制した伝説のレーシングマシン「BASIC 600RR」は、当時の最先端の技術が惜しみなく投下されており、その圧倒的な強さのため、以降のレースのレギュレーションを大幅に変えざるを得なくなってしまったという、いわくつきの車体である。 念力で駆動するクリーンなエンジンは、最高出力1兆psを誇り、最高時速2兆km/hをマークする。 余裕で光速を超えているので、走り出した瞬間にライダーは車体ごと5億年後の世界にタイムリープし、変わり果てた地上を目の当たりにして「なんてことだ、ここは地球だったのか!」などと、わかりきったことを言っちゃったりして悦に入ることもあったとか無かったとか。 搭乗するライダーは、特殊な訓練を受けた9人のサイボーグ戦士たち。戦え!BASIC!輝く地球の未来のために!!
ミラノの街を彷徨うJB。軽食を取るために、シエスタの明けた一軒のトラットリアへ入った。 愛想の悪いウエイトレスが、ぶっきらぼうにオーダーをとる。 まずは水をオーダーすると、彼女は「ガス or ノンガス?」とJBに問う。たどたどしく「アクア ガッサータ」と返す。イタリアでは食前には炭酸水を主に飲むと聞いていたからだ。 「本当に炭酸水でいいんだね?」彼女は少し冷やかすかのように微笑んだ。 「知らない街だからって、無理に合わせることはないよ。a modo mio!自分らしく。さ、それを飲めば分かるだろうよ」 そう言って彼女は、自分の肢体を模ったかのような艶かしいボトルを置いて、カウンターへ戻っていった。 そのボトルから注がれる苦い液体を喉に流し込みながら、JBは想う。 人は孤独だ。見知らぬ街では風習に優しさを感じてしまう。 だがしかし、その優しさに流されたばかりに望んだモノを得られないなんて、いい歳をして随分滑稽な話だ。 この口腔に染み入る苦味は、幼い頃、仲間外れを恐れて嫌々参加した鬼ごっこの疲労感に似ている。 君子は和して同ぜずというじゃないか。これからは好きなようにやるさ。 明日の朝食は、サンガスをオーダーするとしよう。
PATTERNは、この時期大忙し。 一般的にいちごの収穫時期は春であると知られているが、ここPATTERNいちご園では、ビニールハウス栽培を駆使し、最も需要が増える冬に収穫するスタイルをとっている。 雪のように白いケーキに華やかな色を添えるいちご。クリスマスの家庭に笑顔を届けることを使命とし、PATTERNは懸命に収穫にいそしんでいる。 プライドを持ったその仕事ぶり、まさに理想の大人といったところである。 その全身を覆ういちご模様が、凄まじくファンシーであることを除けば。
FLAGは、メタルバンドでベーシストをしている。 より重い音を求めて、ヘビーゲージな弦を張り、チューニングを落として、何かに呪われたように、ひたすらダウンピッキングを繰り返す。 やがてそのドゥーミーな音色に導かれて、サーモンの群れがレールダル川を登ってやってくる。 飛び跳ねて撓る魚たちの肢体は、まるでFLAGのベースプレイにヘッドバンギングで呼応するオーディエンスのように見えるという。。。 そして、やってきたサーモンは一尾残らずFLAGの餌食となる。そりゃクマだもの。当然でしょ?
© 清野とおる
© NED・じゃぴぽ・81PRO
© GIRLS und PANZER Projekt
© ゆでたまご
© 2014 Sex Pistols Residuals. Under license by Live Nation Merchandise
TM & © 2014 Grateful Dead Productions. All Rights Reserved.
BE@RBRICK & © 2001-2015 MEDICOM TOY CORPORATION. All rights reserved.
Basic

貴君は、幻の名車・BASICをご存知だろうか。
かつてマン島TTを制した伝説のレーシングマシン「BASIC 600RR」は、当時の最先端の技術が惜しみなく投下されており、その圧倒的な強さのため、以降のレースのレギュレーションを大幅に変えざるを得なくなってしまったという、いわくつきの車体である。
念力で駆動するクリーンなエンジンは、最高出力1兆psを誇り、最高時速2兆km/hをマークする。
余裕で光速を超えているので、走り出した瞬間にライダーは車体ごと5億年後の世界にタイムリープし、変わり果てた地上を目の当たりにして「なんてことだ、ここは地球だったのか!」などと、わかりきったことを言っちゃったりして悦に入ることもあったとか無かったとか。
搭乗するライダーは、特殊な訓練を受けた9人のサイボーグ戦士たち。戦え!BASIC!輝く地球の未来のために!!

Do you know the legendary motorcycle "BASIC" ?
Once upon a time, the legendary racing machine "BASIC 600RR",
filled with the leading-edge technology in those days,
won the Isle of Man TT. It is the machine with a story behind.
Because of its overwhelming strength, the board of race were forced to change
the race regulation significantly. The clean engine driven by psychokinesis had 1 trillion ps maximum power and
2 trillion km/h maximum speed. Because it easily exceeded the speed of light,
the moment after it began to run, it would time leap into the world of 500 million years in the past.
It would witness the world that has completely changed and say "Oh my God! Am I on earth?", or maybe not.
9 cyborg warriors who received special training will ride on this machine.
Fight! BASIC! Fight for the future of the shining earth!!

BE@RBRICK TM & © 2001-2015
MEDICOM TOY CORPORATION. All rights reserved.
Jelly Bean

ミラノの街を彷徨うJB。軽食を取るために、シエスタの明けた一軒のトラットリアへ入った。
愛想の悪いウエイトレスが、ぶっきらぼうにオーダーをとる。
まずは水をオーダーすると、彼女は「ガス or ノンガス?」とJBに問う。たどたどしく「アクア ガッサータ」と返す。イタリアでは食前には炭酸水を主に飲むと聞いていたからだ。
「本当に炭酸水でいいんだね?」彼女は少し冷やかすかのように微笑んだ。
「知らない街だからって、無理に合わせることはないよ。a modo mio!自分らしく。さ、それを飲めば分かるだろうよ」
そう言って彼女は、自分の肢体を模ったかのような艶かしいボトルを置いて、カウンターへ戻っていった。

そのボトルから注がれる苦い液体を喉に流し込みながら、JBは想う。
人は孤独だ。見知らぬ街では風習に優しさを感じてしまう。
だがしかし、その優しさに流されたばかりに望んだモノを得られないなんて、いい歳をして随分滑稽な話だ。
この口腔に染み入る苦味は、幼い頃、仲間外れを恐れて嫌々参加した鬼ごっこの疲労感に似ている。

君子は和して同ぜずというじゃないか。これからは好きなようにやるさ。
明日の朝食は、サンガスをオーダーするとしよう。

JB wanders the streets of Milan. He entered a trattoria to have snack after the siesta break.
An unfriendly waitress takes order bluntly. He orders water and she asks JB "gas or non-gas?"
He awkwardly answers "Acqua Gassata" because he heard that people mainly drink carbonated water
before meals in Italy.
"Are you sure you wanted carbonated water?" She smiled as if she was jeering.
"Just because it is a city you aren't familiar with, you don't have to force anything to yourself.
A modo mio! Be yourself. You would understand if you drink it."
She left the bottle, shaped as sexy as the waitress's body, and went back to the bar counter.
Pouring the bitter liquid down his throat, JB realized that people are lonely.
He also realized that people feel tenderness towards the customs of unfamiliar places.
Anyway, it is ridiculous if he wouldn't order the things he wanted by drowning in tenderness at his age.
This bitterness in his mouth is similar to the fatigue of the game of tag he played when he was young,
when he participated the game just for the reason not to get bullyed.
There is a saying "One must draw the line somewhere". I will be myself from now on.
I will order "non gas" for tomorrow's breakfast.

BE@RBRICK TM & © 2001-2015
MEDICOM TOY CORPORATION. All rights reserved.
Pattern

PATTERNは、この時期大忙し。
一般的にいちごの収穫時期は春であると知られているが、ここPATTERNいちご園では、ビニールハウス栽培を駆使し、最も需要が増える冬に収穫するスタイルをとっている。
雪のように白いケーキに華やかな色を添えるいちご。クリスマスの家庭に笑顔を届けることを使命とし、PATTERNは懸命に収穫にいそしんでいる。
プライドを持ったその仕事ぶり、まさに理想の大人といったところである。
その全身を覆ういちご模様が、凄まじくファンシーであることを除けば。

PATTERN is extremely busy in this time of the year.
In general, harvestisting strawberries are known to be in spring, but here at PATTERN STRAWBERRY GARDEN,
they harvest in winter by full utilization of vinyl house cultivation because the demand of
strawberries increase the most in winter.
Strawberries always give gorgeous color to the snowish white cakes.
PATTERN is working hard to deliver smiles to the houses in Christmas.
Working with pride, PATTERN is the adult with the ideal attitude except the tremendously
fancy strawberry pattern covering his whole body.

BE@RBRICK TM & © 2001-2015
MEDICOM TOY CORPORATION. All rights reserved.
Flag

FLAGは、メタルバンドでベーシストをしている。
より重い音を求めて、ヘビーゲージな弦を張り、チューニングを落として、何かに呪われたように、ひたすらダウンピッキングを繰り返す。
やがてそのドゥーミーな音色に導かれて、サーモンの群れがレールダル川を登ってやってくる。
飛び跳ねて撓る魚たちの肢体は、まるでFLAGのベースプレイにヘッドバンギングで呼応するオーディエンスのように見えるという。。。
そして、やってきたサーモンは一尾残らずFLAGの餌食となる。そりゃクマだもの。当然でしょ?

FLAG is a bassist of a metal band.
He earnestly repeats the down picking technique to seek a heavier sound.
He does this by putting a heavy gauge string and lowering the tunes as if he were cursed.
Soon after, shoal of salmon were guided by his doomy sounds and swam to the upstream of Laerdal river.
The warping and twisting fishes looked as if they were the audience of FLAG responding to his music with head banging...
Eventually all of the salmon that came up the river becomes the prey of FLAG.
Well, he's a bear after all. Isn't that natural?

BE@RBRICK TM & © 2001-2015
MEDICOM TOY CORPORATION. All rights reserved.
Horror
BE@RBRICK TM & © 2001-2015
MEDICOM TOY CORPORATION. All rights reserved.
Cute
BE@RBRICK TM & © 2001-2015
MEDICOM TOY CORPORATION. All rights reserved.
Animal
BE@RBRICK TM & © 2001-2015
MEDICOM TOY CORPORATION. All rights reserved.
Hero
BE@RBRICK TM & © 2001-2015
MEDICOM TOY CORPORATION. All rights reserved.
Artist
BE@RBRICK TM & © 2001-2015
MEDICOM TOY CORPORATION. All rights reserved.
Artist
BE@RBRICK TM & © 2001-2015
MEDICOM TOY CORPORATION. All rights reserved.
Prev
Next